【終了しました】平成26年度第3回軽量化研究会セミナー参加者募集のご案内

次世代自動車支援センター埼玉の「軽量化研究会」では、次世代自動車の永遠かつ普遍の課題である軽量化をテーマとして、最新の技術情報や先進企業の取組みなどを紹介すると共に、会員企業の研究開発や技術革新を促進し、販路拡大の取組みをサポートします。
軽量化へ興味のある企業は、ぜひご参加ください。

内容

講演1 「展伸用アルミニウム合金と自動車部材への適用技術」

講師
株式会社神戸製鋼所 アルミ・銅事業部門 技術部次長 桜井健夫 氏

講演の概要
展伸用アルミニウム合金の種類、代表的なアルミニウム合金の製品ならびに加工技術と国内外の自動車のアルミ合金適用の歴史、自動車パネル用アルミニウム合金の開発経緯と適用技術、適用状況と将来展望を紹介する。

講演2 「内外における自動車へのマグネシウムの適用事例と課題」

講師
一般社団法人日本マグネシウム協会 専務理事 小原 久 氏

講演の概要
欧米などでは自動車の排ガス規制の強化や燃費の向上が要求されており、自動車への軽量素材の採用が進んでいる。マグネシウムにおいても、鋳造部品の新たな展開や展伸材の応用などが検討されている。国内での火災事故例なども含めマグネシウムの取り扱い方法などについて紹介する。

講演3 「鉄道車両の軽量化に対するマグネシウム合金適用への期待」

講師
公益財団法人鉄道総合技術研究所 材料技術研究部 主任研究員 森 久史 氏

講演の概要
新幹線では速度向上とともに省エネ化が強く求められ、軽量化のために、構体に適用されている鉄鋼材をアルミニウム合金やCFRPなどに置き変える取組みがなされてきた。今後、さらなる軽量化のためには、マグネシウム合金の適用が考えられる。
本講演では新幹線車両構体の軽量化の歴史とマグネシウム合金の適用について紹介する。

開催日時等

日時

8月20日(水) 13:30-16:40

会場

新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室 C(さいたま市中央区上落合2-3-2)

定員

50人(定員になり次第締め切ります)

参加費

自動車産業部会会員 無料
非会員1,000円/人(消費税含む。当日現金でお支払ください)

募集パンフレット(PDF143KB)

お申し込み

【受付終了】お申し込みはこちらから(お申込みフォーム)

問合せ・申込先

次世代自動車支援センター埼玉 三日尻
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2
TEL 048-621-7051  FAX048-857-3921