「平成30年度 第4回モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」参加者募集のご案内【開催日:平成31年2月6日(水)】

次次世代自動車支援センター埼玉では、県内の自動車産業に関わる企業の技術開発力強化を支援するため、「モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」を設置しています。同研究会では、最新の技術動向や業界の技術ニーズなどの情報共有の場として技術セミナーを開催しています。今回は、『最新のパワエレ技術』をテーマに2名の講師を迎え、「自動車電動化コンポーネント技術の要点と将来課題」及び「WBGパワー・デバイスを使用した短時間過負荷対応モジュール」について講演していただきます。
<募集パンフレットはこちら>

【テーマ】最新のパワエレ技術

【講演1】「自動車電動化コンポーネント技術の要点と将来課題」 

<講師>
日立オートモティブシステムズ株式会社
技術開発本部 次世代モビリティ開発室
パワートレイン技術開発部 主管技師 宮崎 英樹 氏
<講演概要>
自動車電動化の開発現場は日・米・欧と展開して技術変貌を遂げました。今後は巨大な中国市場での普及が期待されます。本講演は電動化コンポーネントであるモータ・インバータ・バッテリと、関連する制御・充電器等の技術に関し要点を紹介し、将来のコンポーネントが目指すシステム指向・モジュール化に向けた課題を議論します。

【講演2】「WBGパワー・デバイスを使用した短時間過負荷対応モジュール」

<講師>
サンケン電気株式会社 プロセス技術統括部 谷澤 秀和 氏
<講演概要>
インバータなどでは定格以上の電流を許容する短時間過負荷動作が規定されているものがあります。我々はSiCの高温動作とモジュールの過渡熱抵抗に着目し、短時間過負荷に対応した小型なパワーモジュールを検討しています。今回はそのモジュール技術や熱解析技術などを紹介します。

開催日時等

日時

平成31年2月6日(水)13:30-15:40

会場

新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室C(さいたま市中央区上落合2-3-2)

定員

50人(定員になり次第締め切ります)

参加費

自動車産業部会会員 無料
公社会員 1,000円
上記以外 2,000円
(すべて消費税含む、当日現金でお支払ください)

<募集パンフレットはこちら>

お申し込み(WebまたはFax)

<Webでのお申込みはこちら>
<Faxでのお申込みはこちら>←1社で複数名お申込みの場合はこちらを推奨いたします。

問合せ

次世代自動車支援センター埼玉 黒田
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2
TEL 048-621-7051  FAX 048-857-3921