【終了しました】「平成30年度 第3回モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」参加者募集のご案内【開催日:11月16日(金)】

次世代自動車支援センター埼玉では、県内の自動車産業に関わる企業の技術開発力強化を支援するため、「モータ・パワエレ・水素エネルギー研究会」を設置しています。同研究会では、最新の技術動向や業界の技術ニーズなどの情報共有の場として技術セミナーを開催しています。今回は、「FCVに関連する水素エネルギー供給の現状と今後の取組」をテーマに3名の講師を迎え、「FCV・水素供給インフラの現状と取組」及び「水素貯蔵の重要性と水素貯蔵材料の新たな取組」について講演していただきます。
<パンフレット>

【テーマ】FCVに関連する水素エネルギー供給の現状と今後の取組

【講演1】「FCV・水素供給インフラの現状と取組」 

<講師>
一般社団法人水素供給利用技術協会
理事 事務局長 池田 哲史 氏
技術専門委員  山梨 文徳 氏(日産自動車(株) EVシステム研究所)
<講演概要>
FCVの電動車両としての位置付け・可能性(水素への期待)を解説します。また水素のエネルギーとしての位置付けや水素供給インフラ(水素製造、輸送、供給)の全体像についても解説。さらにFCVへの水素充填設備として水素ステーションおよびその構成機器(圧縮機、蓄圧器、ディスペンサー、バルブ類ほか)について説明します。

【講演2】「水素貯蔵の重要性と水素貯蔵材料の新たな取組」

<講師>
国立研究開発法人 理化学研究所
科技ハブ産連本部 バトンゾーンプログラム 
水素エネルギーストレージ技術研究チーム チームリーダー 
(株)アツミテック 環境技術センター センター長 執行役員
内山 直樹 氏
<講演概要>
本格的な再生エネルギー社会、燃料電池自動車の普及に向け、水素貯蔵技術が大きな役割を占めています。しかしながら、現状では高圧での水素貯蔵であるため、コスト面、車輛搭載面で大きな課題を抱えています。今回、水素貯蔵が何故必要なのか?と水素貯蔵の問題を解決するための水素貯蔵材料に対する新たな取組を紹介します。

開催日時等

日時

平成30年11月16日(金)13:30-15:40

会場

新都心ビジネス交流プラザ 4階会議室A(さいたま市中央区上落合2-3-2)

後援

独立行政法人中小企業基盤整備機構 関東本部

定員

50人(定員になり次第締め切ります)

参加費

自動車産業部会会員 無料
公社会員 1,000円
上記以外 2,000円
(すべて消費税含む、当日現金でお支払ください)

お申し込み(WebまたはFax)

<Webでのお申込みはこちら>
<Faxでのお申込みはこちら>←1社で複数名お申込みの場合はこちらを推奨いたします。

【FCVを取り巻く現状】

車載タンクの水素と空気中の酸素の電気化学反応によって発生する電気を使ってモータを駆動させるFCVは、2014年にトヨタ自動車が一般ユーザー向けに「MIRAI」、2016年からは本田技研工業が「CLARITY FUEL CELL」のリース販売を開始し、国内では今年4月時点で約2,500台が普及しています。
燃料となる水素は70MPaの圧縮タンクで搭載し、一充填の走行距離は600km以上、水素充填に必要な時間は3分程度と、ガソリンと同等の利便性を確保しています。
2017年に発表された政府の「水素基本戦略」では、FCVの普及台数を2020年に4万台程度、2025年までに20万台程度、2030年までに80万台程度とするとともに、FCバスの導入台数を2020年度までに100台程度、2030年度までに1200台程度とすることを目指しています。また、インフラ整備では、現在100箇所程度の水素ステーションを2020年度までに160箇所程度、2025年度までに320箇所程度に増やすことを目標に掲げています。
2018年には、FCVの普及拡大に向けた環境整備を推進するため、水素ステーション運営事業者、自動車メーカー、金融投資家等の計11社により「日本水素ステーションネットワーク合同会社」が設立され、FCVユーザーの利便性向上、FCV台数の増加、水素ステーション事業の自立化、さらなる水素ステーションの整備という好循環の創出を目指したオールジャパンでの取組が進められています。
経済産業大臣主催の「自動車新時代戦略会議」での検討を踏まえ今年8月にとりまとめた中間整理では、「次世代電動化技術のオープン・イノベーション促進」の取組の一環として、車載用高耐久PEFC(固体高分子型燃料電池)セルスタックの実現のために白金使用量の高効率な使用技術と劣化抑制の研究開発を進め、2025年ごろにFCVセルスタック価格を4分の1まで低減させることを挙げています。
FCVにおいてもメーカー各社は戦略的にコストダウン低減に向けた取組を進めています。

問合せ

次世代自動車支援センター埼玉 黒田
〒338-0001 さいたま市中央区上落合2-3-2
TEL 048-621-7051  FAX 048-857-3921