【終了しました】埼玉県知財総合支援窓口特別講演『下町ロケットから学ぶ中小企業の知財戦略のススメ』 開催のご案内(開催日:1月24日(水))

  中小企業の経営課題のひとつに「知的財産の創造・保護・活用」が挙げられます。
  今回、小説「下町ロケット」の作者である池井戸潤氏との親交が深く、同小説に登場する神谷弁護士
 (テレビ放映では、恵俊彰氏)のモデルとなった鮫島正洋弁護士にご登壇いただきます。
  小説を俯瞰しながら、中小企業の知財で会社経営を伸ばす戦略、知財関連の施策概要についてご講演
 いただきます。
  皆様のご参加を心よりお待ちしています。
 
 
  彩の国ビジネスアリーナ2018 講演会のページ
 
 

開催概要

日  時

     2018年1月24日(水) 13:00~14:30

会  場

     彩の国ビジネスアリーナ2018 展示会場内 講演会場A
     さいたまスーパーアリーナ  埼玉県さいたま市中央区新都心8番地

     ※講演会場Aは、2階デッキ側入口Cから来場者受付で入場手続きを経ての入場となります。
      事前入場登録のページ → http://bizmatch.saitama-j.or.jp/

     ※彩の国ビジネスアリーナ2018は、「見つける、ビジネスチャンス。見つかる、ビジネス
      パートナー。」をスローガンに、中小企業の受注確保・販路開拓、技術力向上等を目的とし、
      広域的な企業間ネットワーク形成による新たなビジネスチャンス創出の場を提供する展示
      商談会です。
      前回実績:出展小間数815小間・来場者数17,142人

講  師

     鮫島 正洋 (さめじま まさひろ) 氏  弁護士・弁理士

     弁護士法人内田・鮫島法律事務所 代表パートナー

     〈 講師略歴 〉
     昭和38年生まれ。東京工業大学金属工学科卒。藤倉電線(株)(現(株)フジクラ)に入社、
     エンジニアとして電線材料業務従事し、在職中に弁理士資格を取得。その後、日本アイ・ビー
     ・エム(株)に移り、知的財産マネジメント業務のかたわら弁護士試験に合格。司法研修を
     経て、平成11年から弁護士として活動。平成16年からは、内田・鮫島法律事務所の代表
     パートナーとして、弁護士、弁理士業務を行っています。
     特許庁などの外部委員、著作も多数あります。

定  員

     260名程度(申込受付順)

受 講 料

     無 

申  込

     彩の国ビジネスアリーナ2018の講演会のページからお申し込みください。

お問合せ

     公益財団法人埼玉県産業振興公社 知的財産総合支援センター埼玉
     担当:関根・村上
     TEL:048-621-7050

主  催

     公益財団法人埼玉県産業振興公社 知的財産総合支援センター埼玉
     (独立行政法人工業所有権情報・研修館事業 埼玉県知財総合支援窓口)